Welcome to Our Company

HOME
小史
PRODUCTS
NEWS
CONTACTS
CONTACTS



CONTACTS



   日本での手作りキャンピングカーの歴史

手作りキャンピングカーに興味関心のある方に、日本での歴史を簡単にお伝えしましょう。(敬称略)

1957 (昭和32年) 武ボディー(東京)によりテン ト トレーラーが製造される。
1958 (昭和33年)
武ボディー(東京)で画家の桐野江画伯の注文でマツダ三輪車ベースにしたキャンピングカーが製造され た。
画伯はこのキャンピングカーでアメリカ・メキシコ・ヨーロッパで絵を書きながら旅行したそうです。
1967 (昭和42年) オートキャンプと云う言葉が この時代から使われるようになりました。
1970 (昭和45年) 第一回キャンピングカー& キャンプショー開催(東京・代々木国立競技場)
1973 (昭和48年) オイルショック(石油危機に よる狂乱物価現象起きる)さまざまな資材・生活物資が高騰した。
1973 (昭和48年) RV手作り雑誌「カスタム カー」創刊。この雑誌により、VAN・RVの手作りの人気爆発。
1975 (昭和50年) 1975年までに自動車 メーカーによって製造されたキャンピングカーのモデルは、
「モーターホーム」 ホリディキャンパー(武ボディー)、トヨタモーター ホーム(セントラル自動車)、
    キャラバンキャンピングカー(日産)、デリカ75キャンピングカー(三菱自動車)、モーター ホーム(東急車輛製造)他。
「トレーラー」 キャラベルエア(フランスベッド)、キャラバントレー ラー(極東開発工業)、
    スバルキャンパー(富士重工)、トラベルトレーラー(東急車輛製造)、他。
「トラックキャンパー」 ヴイルゴ(アイシン精機)、ラーク(市光工 業)、トラックキャンパー(武ボディー)他
これらのRV車は1976年(昭和51年)にすべて姿を消す。原因はオイルショックがその一つとされる。
1975 (昭和50年) この頃から「手作りキャン パー」が人気となり、手作りする人が増えて安く作れたので、メーカー製のRV車が消えた原因と云われたようです。
1948年頃から「HMCC]ハンドメイドキャンピングクラブ(現存)や「トラックキャンパークラブ」(現存)が活躍していました。
その他のクラブや、関心のある個人がいろいろなキャンピングカーを作り始めておりました。
後に「HMCC]は独自に「キャンピングカーフェスティバルショー」を年1回開催するようになりました。

                                         参考文献「キャンピングカーハンドメイド」安細錬太郎著 山海堂発行。「イミダス」年表 集英社。他
1977 (昭和52年) 弊社はキャンピングカーの部 品・用品を手作りする人に安価に販売するポリシーで現在に至っています。


すべてのキャンピングカーは手作りから始まった

 多くの手作りする人が増え、クラブも沢山出来ました。
試行錯誤をしながら次第に米国のキャンピングカーに形態を似てきたと云うのが、現在のキャンピングカーのスタイルではないでしょうか。
そしてメーカーも出来ました。

要は軽くて比較的丈夫で安価なキャンピングカーを自作することです。


 軽く作ると燃費がよくなり、また速度も出ます。坂道なども他の車と同じように走れます。
また、余分な物、設備も出来るだけ乗せないことです。
 但し88ナンバーにする場合は当然法律・通達等を守らなければならないことは云うまでもありません。
88にしない場合でも違反はせず、安全を重視したいものです。
重心・左右及び前後のバランスには注意が必要です。
いろいろな設備の重量は最大積載量の1/3以下に出来たら最高です。


さあ、自分流・安全・簡易型のキャンピングカーを自作しましょう。


 FSCグリーンフィールドは自作するお客様向きの、材料・部品を数多く用意しております。
今後ユニット化した商品(流し台・ベッド等)を製作し、リーズナブルな価格で販売する予定です。
自分で自作すればベース車を除き通常の1/5〜1/10の費用で完成します。
その他、移動販売車の設備と法律等の相談に応じたこともあります。どうぞ電話をください。



    

リストマーク 自作車の小史


ライン